アップルは新iPadで教育市場を奪い返せるか

アップルは新iPadで教育市場を奪い返せるか

On

グーグルは前日の3月26日に記者会見を行い、台湾エイサー製の教育向けタブレット端末を329ドルで発売すると発表したが、新型iPadの学校向け価格は299ドルとそれよりも安価に設定されている。 第6世代となる新しいiPadはiPhone 7シリーズに搭載されているA10 Fusionを採用。昨年発表され大幅な低価格化を果たした第5世代iPadが採用するA9(iPhone 6S相当)に比べ大きくパフォーマンスを向上させた。なお、厚みや重量は従来モデルとまったく同じだ。 Source: toyokeizai.net

6割の子どもが「スマホ・タブレットで学習」、イー・ラーニング研調べ

6割の子どもが「スマホ・タブレットで学習」、イー・ラーニング研調べ

On

イー・ラーニング研究所は12日、子どもを持つ親を対象に行った「子どもの生活に関するアンケート」の結果をまとめ発表した。 同調査は、子どもの授業外の学習や放課後の過ごし方について調べるため、全国の20~50代の親243人を対象に、2月2日~22日に実施したもの。 それによると、「現在子どもにスマホ・タブレットを持たせているか」には、「はい」が76%、「いいえ」が24%で約8割の子どもがスマートフォン・タブレットを持っていた。 Source: ict-enews.net

試験対策から生活情報まで、外国人留学生向けEラーニングのLincが1億円調達

試験対策から生活情報まで、外国人留学生向けEラーニングのLincが1億円調達

On

外国から日本に留学する人材向けのオンライン教育サービスを提供するLincは2月14日、ジェネシア・ベンチャーズ、BEENEXTを引受先とする第三者割当増資を実施した。調達金額は1億円だ。 近年、日本における外国人留学生数は右肩上がりで推移している。2007年には約12万人だった留学生数は、その10年後の2017年には約26万人にまで増えた。そういった人材が日本に来る際に障害となるのが、言語や文化の壁だ。Lincは同社のオンライン教育サービス「羚課日本留学」を通してその壁を取り払おうとしている(羚課はLincの中国語発音だ)。 現在、Lincが主に提供しているのが留学生向けの試験対策カリキュラムだ。外国人留学生が日本の大学に入学する場合、日本留学試験(EJU)を受験する必要がある。これは留学生版のセンター試験とも言えるもので、日本語能力のほか、地理、歴史、政治経済などの文系科目や、物理や化学などの理系科目などの基礎学力を評価するテストだ。 LincではこのEJU対策カリキュラムをオンライン授業という形で提供している。ただし、現在は歴史や数学などの科目の授業のみを提供。語学としての日本語を教える授業は提供していない。また、Lincは今のところ中国人向けにサービスを特化しているため、授業はすべて中国語で提供している。同社によれば、ターゲットとなる中国語圏の日本語学習者は約100万人ほどいるという。 羚課日本留学のオンライン授業には録画とライブ配信の2種類がある。科目授業など知識系の授業では録画形式で授業を行ない、日本に渡航したあとの生活についてレクチャーを行う授業では、受講者からの質問に対応するためにライブ配信で授業を行っている。この、日本の生活についてのレクチャーは、日本の慣習や文化に慣れない留学生にとって価値のある情報だ。 jp.techcrunch.com

What is CLAS?

What is CLAS?

On

CLAS is a video platform for learning. It is a Collaborative Learning Annotation System. When students are asked to watch videos, CLAS provides a means for them to actively engage with the content by commenting and having discussions linked to specific moments…